黄波戸海鳴太鼓 (1992年)


 鼓波会の原点。鼓波会の指導の為に黄波戸を訪れた飛鳥大五郎先生が、滞在先のホテルで感じられた黄波戸の情景をイメージして作った曲である。

  第一部 黄波戸の浦に響き渡る「海鳴り」
  第二部 荒波が岬にぶつかり、激しく飛び散る「波濤(はとう)」
  第三部 黄波戸の湾向かいにある青海島の嶺間から立ち昇る「旭日(きょくじつ)」

 の三部から構成されており、体全体を使った舞うような演奏と、作法にのっとった様式美を表現するのが特徴。


黄波戸海鳴囃子 (1997年)


 黄波戸海鳴太鼓に続く2曲目として作曲された曲で、篠笛や鉦を交えた楽しいお囃子。

深山 (1998年)


 奥深い山奥に生息する鳥や獣たちの鳴き声、草木のざわめき。それらは呼応し合い、叫びともとれる生命の息吹を感じさせる。そんな生命の力強さと偉大さを表現した曲である。

 大自然の呼応を連想させる「掛け合い」が印象的な曲となっている。


疾風 (2000年)


 戦に勝つことだけを夢見る戦気あふれる猛者たちが、無数の船団を引き連れ戦いを繰り広げる、勇壮な水軍をイメージした曲である。激しい戦いを予期するかのような銅鑼の破壊音と、刻々と変化する戦局を勇ましく表現した曲の転換が特徴。


打てや囃さん (2004年)


 演奏者と観客が一緒に楽しむことのできる、お祭りなどにはうってつけの一曲。担ぎ桶胴太鼓、チャッパや篠笛など様々な楽器を使用して演奏する賑やかな曲である。


SAZARE (2005年)


 締太鼓のみで演奏する繊細さと激しさをあわせもった曲である。小さな石が集まって成り立つさざれ石のように、締太鼓の奏でる繊細な音を重ねあわせていくことで一曲が形づくられている。


風雲 (2006年)


 龍が飛雲を得て飛行するかのように天武の才を持て余す英雄が、天下を取るために戦いに挑んでいく様子を描いた曲。戦乱の世で、激しい戦いが延々と繰り広げられていく様をイメージしている。

 新たな打法を導入した一曲で、笛の奏でる音に合わせた力強い曲技が見どころ。

鼓動 (2008年)


 長門で活躍する4団体の和太鼓奏者たちの和太鼓に対する思い、情熱をバチに込め、より大きく、そして力強く、太鼓の響きを魂の響きに変えていく。新たな長門和太鼓の魅力を多くの方に伝えたい。そんな思いから生まれ、新たな「鼓動」として2009年5月に動き始めた、長門和太鼓連盟共通曲の第3弾。
 長門和太鼓フェスティバルでは、4団体で演奏する合同演奏曲となる。


風走る青垣 (2010年)


 青垣とは古事記や日本書紀に出てくる言葉で、重なり合う山々の緑が周囲を取り巻いている様子を青い垣に見立てたもので、走る風が如く、颯爽と打ち囃す曲となっている。


流星 (2015年)


 



 


若駒太鼓


 飛鳥大五郎先生に作曲して頂いた曲。太鼓海クラブ全員で演奏する、太鼓海クラブの代表曲。


 太鼓海クラブが発足し、18年という年月・・・
 18年という大木が"凛"としてそこにあるように、そして、これからも凛として続くように・・・
 そのような思いから作られたオリジナルの曲である。


 


お問い合わせ先

和太鼓 鼓波会

E-Mail konamikai@gmail.com

質問や演奏依頼などお気軽にご相談ください。

練習場所


大きな地図で見る

神田小学校体育館

練習日:毎週 木曜日、土曜日
開始時刻:20時

随時、見学等受付ております。